敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

捨てられない

風の食卓

秋の爽やかな風を室内に入れて、衣替え、大掃除、不要物の整理はとても気持ちがいいことですが、高齢者には非常につかれる、大変な作業となります。

高齢者のお宅に伺うと、時々、

「地震でモノがたおれてきたら確実につぶされるなあ・・・」

という住いに遭遇することがあります。

モノが捨てられないのですね。


高齢者の納戸や本棚を見ると、とても興味深いものがあります。



昭和の年代の、電話帳
現代用語の基礎知識
大学入試の赤本
通販カタログ
アルバム
昆虫図鑑
ゴルフの入門書・・・・・

元気な頃は、どのような生活であったのか、目に浮かびます。

老人ホームに移ってきた人が、時々、家族に連れられて、自宅に戻ると、たくさんのものを持ってきたがります。

ホームの居室は8畳一間くらいで、そこにベッドをおきますから、そうそう、モノは持ってこれません。



そこで、ホームに寄付するということで、持ち込もうとします。


こんなものの寄贈を受けたことがあります。

男はつらいよ(寅さんシリーズ)のビデオ。

全部で50本くらいだったでしょうか。



昔話のおじいさんが、スズメのお宿からもらってくるような、立派な木の箱に入っていました。

「映画会をし施設でしましょうよ」
ということで持ち込まれました。


本当に、実現したらステキしょうが、そんなにおとなしく、食堂に集まって、二時間も映画を見るって、出来ない人の方がおおいでしょう。

ということもあり、映画鑑賞が可能な方に声をかけても、あんまり乗り気ではありません。

まだ、やってません。



認知症の方には、水戸黄門は楽しめても、寅さんはちょっと難しいかも・・・・



木製キャビネットのステレオも、いろんなお宅で、よく見かけます。


高級木材で作ってあって、簡単には壊れないから、物置台として使ってる。


大工さんが手をいれたら、いい家具になるだろうな、と思います。

でも、そんな使い方をしているのは一度も見たことはありません。



もちろんこわれてます。


木製キャビネットの、電子レンジ大の真空管ラジオと、白黒のテレビ。

もちろんこわれてます。


たんすにも、服がたくさん押し込まれています。

一つ一つにおばあちゃんの思い出があるので、捨てられないのです。

そして、ゴミは、なぜか、増えていきます。


ソファーや子供が使った学習机、ベッド。


やっと手に入れたもの、そして、子供の落書きがある、大切な思い出の品だから、絶対にすてることは考えられません。


レコード。

これも、高価だったし、ジャケットが思い出そのものだから捨てられません。



ご主人が集めていたという数百枚のジャズレコード。

古レコード屋に売ったらいい、といったら、冗談じゃないと怒られました。



いいなあ、これ、と何枚かに興味を示したら、「あげる」っていう。


是非、もらってくれ、とお願いされました。

あんたに上げれば、大事にしてくれるから、っていう。



キース・ジャレットとルイ・アームストロング をすこしいただきました。 

曲自体はレンタルCDで借りてきて、パソコンにとりこんであるのですが、レコードの大きなジャケットを見ながら、ヘッドフォンで久しぶりにジャズを聞きます。ちょっと、いいかも。

もっともっていけというから、「こんどきたときのお楽しみに」、と言ってあります。

お年寄りの申し入れは、上手に、前向きにお断りしないと、傷つけちゃいますから、ね。



おばあちゃんの真意は、

全部一式、あんたにあげるから、受け継いでくれ。

うちにあると場所をとるから・・・

といいたいのがわかります・・・・

売却するのは嫌、というのは理解できますが、その思い出を全部、知り合いにおしつけられても、ねえ。




もったいない、いつか使える、という思いから、包装紙、ヒモ、お菓子の箱も取っておくことになります。


これを、几帳面な人は、キチンと整理整頓して、溜め込みます。

几帳面ではない人は、どんどん積み上げていきます。

どっちにしても、自分の居住空間が圧迫されます。



でも、いいんです。

思い出がたくさんあるから。

懐かしい思い出に囲まれて、おばあちゃんは今日も幸せです。



そして、持ち主がいなくなったとき、思い出の品々は、すべて、一気にゴミになります。

こういう、モノに押しつぶされてしぬんだったら、本望なんだろうなあ、と思うようにしています。



壊れたパソコンが売れる!!






参加してます。
応援クリックをお願いしま~す。

ブログランキング・にほんブログ村へ









情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました→でんのら



スポンサーサイト

| 記憶に残る介護 | 13:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

わかります、わかります!

この、捨てられない気持ち!

だから我が家もものだらけ。

家族そろって捨てられない症候群&整理できない症候群

片付けようとすると、懐かしくなって手が進みません。

いっそこのまま、建て替えのときに家ごと・・・と思う毎日です。

| ミミオ | 2008/08/31 01:24 | URL | ≫ EDIT

No title

ファミコンソフト・・・
押入れにいっぱい。><。。

マンガも本も売れません。
特に、本は線を引いちゃうので。^^;

昔観た、映画や歌舞伎のパンフとか・・・
着なくなった服とか・・・

せめて、石が捨てられるようになると、
いいんだけど・・・(;¬_¬)

| はみ | 2008/08/31 16:00 | URL |

No title

ミミオさん、わかりますよね。
お金に換算すると・・・・引き取り手がないから、ゴミ扱いだけど、思い出があるから、私にとっては、宝物・・・・・って、なんかに似てるなとおもったら、お年寄りがそうだった。
なんでも貨幣価値におきかえるの、はんたーい。

はみさんの、思い出もそうだよね。
はみさん、ブログのURLもつけてよ。
お返しに読みに行きたいと思ったけど、あそこから、こーいって、こーいってって、遠いんだもん。
あ、リンクさせてもらえばいいんだ。リンクしていい?いやっていわないでよ、ね。

| 八歩 | 2008/08/31 17:26 | URL |

うちもそうです。

今、今年85になる祖母と二人暮らしです。
ほんとに物捨てられないですね。
捨てても捨ててもしばらくほっとくと、
不要としか考えられないものが溜まっていきます。

| かけ | 2010/05/17 01:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/56-86ee6009

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。