敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

老人ホームでも働きたい人

東京都の台東区と荒川区はホームレスの多いところとして知られているが、 そのホームレスが図書館にやってきて困らせているという。 その件について上記リンク先の記事を御覧いただきたい。


これは、図書館の問題ではなく 生活保護政策の問題に他ならない。 この記事は図書館の範囲内に限定して問題を取り上げているが、 何故 ホームレスが図書館に押し寄せるかと言えば ホームレスが そういう状況に置かれているからである。



囲碁サイトでお付き合いいただいている方のブログをよんでいて、考え込んでしまいました。

http://blogs.yahoo.co.jp/midnight571exp/16115490.html

といいますのも、一昨日、新聞記事を見て、大学生になったばかりの娘とこの記事に関して会話をしたからです。



彼女は、学生が勉強したいと思っても図書館に大学生の居場所がない上に、大学も図書館はなかなか空席がないから、ホームレスを締め出すのは当然である、という単純な立場を主張していました。

もちろん、社会的な弱者を「どげんかせんといかん」という視点を持っていることは承知していますが、話の行きがかり上、反ホームレス、という立場をとり、私と対立しました。

親子のジャレあいのような、意見交換のことはおいておきますが、ホームレスの境遇に運悪く陥いった人を支援して復帰させてあげる社会システムが機能していないことを指摘しておられます。

私はその考えに賛成です。

さらに、自分の経験から言いますと、老人ホームに入ってくる高齢者には、することが何もないのですが、ほとんどの方は、仕事を持ちたがります。

洗濯物のタオルをたたむ「仕事」は、どの施設でも、入居者の元気なおばあちゃんの重要な仕事です。

食堂に集まってレクをするときに、何かを配ってもらうとか、集めてもらうという仕事は人気があります。
でも、残念ながら、ホームの中に、やってもらえる仕事はほとんどないのです。

軽度の認知症程度で、老人ホームに入っている元気な男性だと、「何をしたいですか」という問いかけに対して、かなりの割合で「仕事」って答えが返ってきます。

仕事は、お金を得るためではありますが、社会に必要とされているということを確認する作業でもあると思います。

仕事を失い、自分の居場所を失い、自尊心を失った人が、最後に失うかもしれない人間らしい心。
それが、強い立場にいる人の側から先に、欠如していくのが感じられます。

以上、雑感です。

参加してます。
応援クリックをお願いしま~す。

ブログランキング・にほんブログ村へ









情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました→でんのら



スポンサーサイト

| のんびりと | 12:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

社会的な弱者の方や、運悪くホームレスになった方などが、
普通の生活できるようになるといいですね。
難しい問題は多いようですが…
中にはプライドが邪魔してホームレスの方も居るようです。
見栄もプライドも人間には必要ですが、
ホームレスしてまで守るものなのか…?…です。

私は36年間金融機関に努め役員でしたが、
金融機関再編で退職、直ぐ全く畑違いの介護の仕事に飛び込んだ。
当時54歳の男子、初任給16万円、ヘルパーとして、
オムツ交換~食事作りまで全て始めての経験…確かに体はきつい
歳は上でも介護では新人。下働きが数年続いたが、
良い仕事に就いたと…自慢です。
http://happy.ap.teacup.com/hananosyou/103.html

施設で私が実施する、カラオケ教室、三味線教室、体操教室に、
毎回参加される認知症の女性がいます。
77歳になるが私の大ファン。
どんなに怒り狂っていても私が行くとおとなしくなる。
会が終ると毎回「先生何もしなくても良いのですか」と聴く。
お客さまですので、「そのままお帰りください」と帰って貰っていた。
最近まだ認知が酷くなりスタッフはお手上げ
先日体操の会の後「先生片付けましょうかと言う」…
試しに「じゃ、少しお願いしていいですか」と声掛けをしてみた。
嬉しそうに椅子などを並べていた(正確にはバラシテ)…「これでいいですか」と。
終ったあと、腕組んだ戻ったが、一日ご機嫌だったと言う。
もう少し前から役割をお願いすべきだったと改めて思いました。

 …ポチ…しておきました。

| 華之将 | 2008/08/31 16:01 | URL |

No title

華之将さま

コメントも、ぽちっ も、ありがとうございました。

いい介護をなさっていますね。
ブログも読ませてもらっています。
ホームレスにも「プライドが邪魔して・・・」というのがあるのでしょうか。
不思議ですね。

介護って、一度第一線を引いた人、右肩下がりの感覚を持っている人の方が上手だと思うんです。

そして、思いやりと、ソロバンのバランス。
いぜん、コーヒーの有料サービスのことを書いたのですが、有料だから頼みやすいということもありますが、介護だけをずーっト見つめていると、気の毒な人からお金をもらってはいけないのではないかとおもうのかもしれません。

お小遣いが自由になる人には、使える環境を提供するのも介護サービス提供者の仕事だと思うのです。 ちょっと、これまでとちがうことを自費ではじめようとすると、、、、市の介護保険課さんが 「ちょっとおききしたいんですが」 といってくるので、うっとおしいですけどね・・・

| 八歩 | 2008/08/31 17:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/57-f77fcf50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。