敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長生きして欲しいのか苦しまないで欲しいのか

kirisuto2.jpg

利用者の家族は利用者の変化に敏感だ。            
「腕にあざができているけどどうしたのですか?」
「面会のたびに同じ服を着ているのは、着替えさせてくれていないのでは?」
「足が浮腫んでるけれどどうしてですか?」
等挙げればきりが無いくらいだ。
しかし、利用者の好転に対しては、誰一人質問してきたことがない。

「手引き歩行ができるようになったのですよ。」
「ご自分で食べられるようになったのですよ。...
家族は親の変化の質問をするべし!



親が好転しても礼を言わないが、同じ服をきているとか、あざがあるといって心配はする、という指摘です。



それをよんで、私八歩は、こんなことを考えました。

子供が成長し、新しいことができるようになると、親は喜びます。
そして、関係者に感謝します。
しかし、親が歩けるようになっても、実は感謝していないんじゃないかということを思ったのです。


苦しまないように、死んで欲しい。

これが、多くの方の本音でしょうか。

それを悪いことと言い切るだけの自信も私にはありません。

もしかしたら自然な感情なのかもしれないと思うからです。

自分よりは先に死ぬとおもうからこそ、親孝行をするというのも頷けます。


介護をする人は、家族からの感謝を期待するのは、難しいのかもしれませんね。

そういえば、施設で看取ったときには、非常に感謝されました。

こうなることが一番の希望だったのかもしれません。

もともと余命いくばくもない方でした。


介護は、家族のためにするのではなく、ご本人のためにするもの、と理解して取り組まないと、気持ちが空回りするのかもしれません。


参加してます。
応援クリックをお願いしま~す。

ブログランキング・にほんブログ村へ









情報ショップに関連情報の資料請求サイトをまとめました→でんのら



スポンサーサイト

| のんびりと | 19:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

私は、”ご家族様に感謝して欲しい。”
とは思ったことはありません。

毎日の生活の中で、
ご利用者様が笑顔でいらっしゃれば、
それでいいと思っています。

”死に場所を選ぶ”で
コメントしようと思ったのですが、
ご家族様の中には、
”死んだらお骨を、宅急便で送ってくれればいいです。”
と言った方もいて、
ヘルパー一同
”宅急便屋さんが迷惑でしょうよねぇ。”
と、残念に思ったことがあります。

| はみ | 2008/09/02 22:21 | URL |

No title

はみさん

むしろ、私はふつうの介護ってのを提供するから、邪魔しないでね、って言う感じです。料金を踏み倒さないでね、とか、転倒したら全面的に施設が悪いっていう大騒ぎをしないでね、とか、そんなこと。

おじいちゃんが、新聞を二紙取るのはもったいないから、施設で一つはとってほしいなんて、馬鹿なことを要求しないでね。

こういう、家族のことを、言い出すときりがないけど、ほんとにもう・・・・・・

また、現場の話をきかせてください、ね。

| 八歩 | 2008/09/03 00:35 | URL |

No title

あぁ~、
モンスターペアレンツ風味なご家族様ですね。

”ご心配なら、連れて帰ってもいいんですよぉ~
今すぐ、退居の手続きをとりましょうか?^^”
と、言いたくなるようなご家族様。

・・・・いますね。(;¬_¬)



| はみ | 2008/09/03 02:40 | URL |

No title

こんにちは!ミミオでございます。
いつも読ませていただいております。

私の知り合いのおばあさん、施設に入っているんですが、
認知症も進んでいます。
でも、おじいさんがやってくると、頭を抱えて逃げちゃうんです。

よっぽど、家庭で虐待されていたんでしょうか…

そんな爺さんに限って、ヘルパーさんに文句言ってました。

ホントに、人間最後になるほど、家族のありようや人間性が、見えてくるものですね。

| ミミオ | 2008/09/03 14:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happokenkousyoku.blog36.fc2.com/tb.php/62-7a76a8b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。