敬老学のススメ

健康的な食事について、ストレス対応、介護業界のドタバタ思い出話など、話題満載。カテゴリーから選んでどこからでもお読みください。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弁護士バーの意味

今日は一人の若者をご紹介します。

彼は、外岡潤さんという29歳の弁護士です。

http://okagesoto.blog123.fc2.com/

日本の伝統芸能に造詣が深く、そのような文化を受け継いできた今の高齢者世代への敬意も持っている人です。



巣鴨で弁護士事務所をしているので、もし、相談事があれば、彼に相談してみてはいかがでしょう。

私は、一緒に仕事をやっていくことも含めて、彼とこれからいろんな話をしていこうと思っています。



介護のことをもっと知りたい、と考えた外岡さんは、二級ヘルパーの資格も取りました。

ヘルパー資格をもつ弁護士というのは、もしかしたらほかにいないんじゃないでしょうか。

何度かお目にかかって、高齢社会の問題に取り組んでいくには、という話をしているうちに、こういう若い人にこそ、自分の財産(たいしてありませんが)や遺言のことを託すのがいいのではないか・・・・
と言う気になってきました。

高齢者の年の取り方を見ていると、頭の働きが衰えてくれば来るほど、おかねの出し入れや、管理が難しくなります。

そうなってから、成年後見人を探して・・・・ということは、もう、無理なんですね。

だから、自分よりも若くて、志がしっかりしてる・・・・財布を預けても信頼できる人を探しておく必要があるのだと思います。




弁護士法が改正になり、弁護士資格を持つ人も増えてきました。

そういう人たちの中には、仕事欲しさに、なるべくトラブルを探している人も多いと聞きます。

サラ金とやりあって、払いすぎたおかねを取り返してくれるけれど、かなりの部分は訴訟費用として提供しなくてはならないようなビジネス構造もすっかり出来上がりました。

これはこれで、違法な闇金融が成り立ちにくくなるわけですし、すべて合法的に運用されているので問題はないのですが、できることなら、弁護士には、市民が訴訟ごとに巻き込まれなくてすむためのアドバイザーとしても活躍してほしいと思います。

医療で、お医者さんに、病気にならない方法を教えていただきたいのと同じことです。



外岡さんは、市民と弁護士が気軽に交流できる場としての、弁護士バーを作ろうと頑張っています。

日弁連(弁護士の連合会)は、そういうことを、弁護士の看板を掲げて始めたら、刑事告訴も辞さない、と言っているそうです。それは、産経新聞で大きく取り上げられたので私も読みました。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091129/trl0911292206003-n1.htm


目的が、市民のトラブル予防、あるいは、トラブルになったときに、弁護士を知っているかどうかで、そのあとが全く違うということを、日弁連は正しく理解すべきだと思います。

ニーズはあります。
こういうことをやろうと考えている若者がいます。
誰も損をしない、だまされもしない、迷惑もしない。
こんな名案に対して、告訴も辞さないって、なんじゃそりゃ???

告訴も辞さない、という回りくどい言い方で、こういう新しい試みを封じようとすることには違和感を感じます。

| 法律問題 | 17:25 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

法律講座からみる世相

弁護士事務所から見た高齢者マーケットの拡大

西東京共同法律事務所という12人の弁護士が所属している法律事務所のホームページ運用管理を昨年から引き受けました。
学生時代の友人が所属していて、事務所が八王子から立川に移転するに際して、ホームページの住所や地図を変更したいのだが、手作りで作った人は辞めていて、なにをどういじったらいいのか見当がつかないということでした。
2007年7月に移転したのですから、もう二年以上前のことになります。
それ以来のお付き合いということになります。

この事務所では、今年に入ってから、4回の法律講座を一般市民向けに行いました。
来年も継続して行うことになっていますが、このテーマは・・・・・

■ 第一回 相続・遺言
■ 第二回 不動産賃貸借ほか
■ 第三回 高齢者を取り巻く諸問題・後見制度
■ 第四回 労働法の基礎・労基法、労働契約法
■ 第五回 離婚(来年2月予定)

となっています。

講座は、事務所の関係者が知人やクライアントにビラを配るのと、事務所ホームページでの告知です。

http://www21.ocn.ne.jp/~nishitok/

「離婚」は来年ですが、さて、過去の4回では、どんな集まり方であったのかというと・・・・・

二回目の不動産賃貸をテーマにしたときが9人で、それ以外は20人~30人が集まっています。

コーヒー代を払って、事務所の一階にある喫茶店での講座なので、9人集まってもたいした数だと思いますが、相続、遺言、成年後見、労働契約 というキーワードが人を集めるというのも、世相だと思いました。

20年前だったら間違いなく、不動産賃貸借に一番多くの人が集まったと思います。

来年2月の離婚、何人くらいの人が集まるのか、ちょっと予想がつきません。
一般論として知っておきたいという興味はわかないのですが、それは、私が離婚について全く考えていないからでしょう。
もし、妻に離婚を切り出されたときにどう対応したらいいのか? という危機管理的なテーマだったら、知っておきたいような気がしました。

いえいえ、そんな危機感は、ないと・・・・思いたいです。

でも転ばぬ先の杖ということもあります。

無料講座を開いて、弁護士の人となりを理解していただいて、法律相談の敷居を低くするという、西東京共同法律事務所の試みは、高く評価されていいと思います。

高齢化社会の諸問題は、突き詰めれば法律問題と医療介護問題に収斂すると思います。

危機管理能力と、高齢化を楽しむ心のゆとり この二つが高齢化時代に身に着けておくべき能力ではないかと考えます。


| 法律問題 | 17:10 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

法テラスを知っていますか?

houterasuimg.jpg

法テラスって知ってますか?

総合法律支援法に基づき、政府の全額出資で設立され、平成18年10月2日から全国でスタートした独立行政法人です。

電話やメールでの相談に対し、法制度の仕組みを伝えたり、弁護士会などの相談窓口を紹介する「情報提供」のほか、経済的に困っている人の弁護士費用などを立て替える「民事法律扶助」、司法過疎地域に常駐の弁護士を置き法律サービスを提供する「司法過疎対策」などが主な業務です。

市民が法律の相談を無料で出来る窓口として、二年前からやっているわけです。

≫ Read More

| 法律問題 | 20:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

老人下宿の倒産

老人下宿の運営会社が倒産し、そこに住む高齢者たちが行き先もなく、お金もほとんどとられてしまったということがニュースになっています。

老人下宿というのも、凄い言い方だとおもったのですが、検索してみてさらにビックリ。

北海道庁の福祉局指導監査課のホームページに記述されていました。

≫ Read More

| 法律問題 | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

法律事務所

megamisubuhed1.jpg

皆さんの激励の、コメント、TB、応援ポチにより日々後押ししていただいたおかげです。

「健康な高齢者になるゾ!」 は記事数が100を超えました。

いつも、読んでいただいて、ありがとうございます。


わけのわからない言いがかりや、猥褻なサイトのリンクもしょっちゅう貼られますが、こまめに取り除くようにしています。

こういう落書きのようなものは、ブログを書いておられる方は、皆、悩みをお持ちだと思いますが、このために、トラックバックを受け付けない設定のブログ、もっと極端になると、コメントも受け付けない設定のブログも見かけます。


≫ Read More

| 法律問題 | 10:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。